渋川市: 津久田の人形舞台

  群馬県:歴史・観光・見所渋川市:歴史・観光・見所>津久田の人形舞台

概要・歴史・観光・見所
津久田の人形舞台(渋川市)概要: 人形舞台は文化8年(1811)に桜森八幡宮の境内に建てられた建物で往時はれ春の例祭にはこの舞台で人形劇が奉納(上演)されていました。木造平屋建て、寄棟、金属板葺き(元茅葺と思われます。)、桁行き5間、梁間5.5間で舞台は歌舞伎と人形芝居の両方が使えるように2段に構成され船底には人形師が入り人形を操ることが出来るように工夫されています。津久田の人形舞台は当時の民間芸能を伝えるものとして昭和58年(1983)に群馬県指定重要有形民俗文化財に指定されています。又、津久田人形は38体が現存し、享保8年(1723)から宝暦6年(1756)にかけての記載された「八幡宮・操人数覚帳」や「操新人数入後諸道具之覚」などの古文書も残されています。

津久田の人形舞台:写真

津久田の人形舞台
[ 付近地図: 群馬県渋川市 ]・[ 渋川市:歴史・観光・見所 ]
津久田の人形舞台 津久田の人形舞台 津久田の人形舞台 津久田の人形舞台


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。