渋川市: 桜森のヒガンザクラ

  群馬県:歴史・観光・見所渋川市観光>桜森のヒガンザクラ

概要・歴史・観光・見所
桜森のヒガンザクラ(渋川市)概要: 桜森八幡宮の境内にある桜の大木で推定樹齢約400年、樹高12m、目通り幹周4.8m。昔、桜森八幡宮(古くから津久田村の鎮守)境内周辺は「桜の森」と呼ばれ開花の時期には多くの村人が桜を楽しんだとされます。現在は多くの桜が朽ちてこの桜森のヒガンザクラだけが当時の名残を伝えています。昭和26年(1951)10月5日に群馬県指定天然記念物に指定されています。学名はベニタチヒガンザクラ。

桜森のヒガンザクラ:写真

桜森のヒガンザクラ
[ 付近地図: 群馬県渋川市 ]・[ 渋川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。