明治天皇新町行在所

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)中山道新町宿(高崎市)>明治天皇新町行在所

概要・歴史・観光・見所
明治天皇新町行在所(高崎市)概要: 案内板によると「 明治天皇は、明治11年8月から11月にかけて、北陸・東海地域の御巡幸(視察)を行いました。その途中の9月2日に新町に宿泊された施設がこの行在所です。当時は木造瓦葺き平屋建の本屋と付属家の2棟で、旧中山道に面して正門を設け、周囲は高さ9尺の総板塀で囲い、庭には数株の若松を植えてありました。昭和55年1月に新町の史跡文化財として指定をうけました。」とあります。この行在所は御巡幸にあわせて新築したもので、基本的に御巡幸ではその土地の旧家などに泊まる例が多かったので珍しいと言えます。又、明治12年(1872)には英照皇太后(考明天皇の皇后:明治天皇の御母君)の伊香保行啓(伊香保温泉保養所への行啓)の際も宿泊で利用しています。現在は行在所公園として周辺が整備されています。

明治天皇新町行在所・写真

[ 付近地図: 群馬県高崎市 ]・[ 高崎市:歴史・観光・見所 ]
明治天皇新町行在所 明治天皇新町行在所 明治天皇新町行在所 明治天皇新町行在所
新町宿:名所・旧跡
明治天皇行在所
明治天皇行在所<
明治天皇行在所
諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社
於菊稲荷神社
於菊稲荷神社
於菊稲荷神社
浄泉寺
浄泉寺
浄泉寺
専福寺
専福寺
専福寺
一茶文学碑
小林一茶文学碑
小林一茶文学碑
諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。