小林一茶文学碑(高崎市新町)

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)中山道新町宿(高崎市)>小林一茶文学碑

概要・歴史・観光・見所
小林一茶文学碑(高崎市)概要: 小林一茶は文化7年(1810)5月11日に新町宿(高崎市)に着くと烏川が増水の為川留めとなり旅籠高瀬屋に宿泊することになります。一旦床に就いた一茶でしたが午前4時頃、突然起こされ、神流川に灯籠を建てるので専福寺の世話人から浄財を懇願されたそうです。はじめは断ったそうですが何度も頼まれるので12文支払いました。そこで一茶七番日記には「手枕や 小言いふても 来る蛍 迹へ帰らんとすれば神流川の橋なく 前へ進まんと思へば烏川舟なし たゝ篭鳥の空を覗ふばかり也 とぶ蛍 うはの空呼 したりけり 山伏の 気に喰わぬやら 行蛍 」と記しています。現在、旅籠高瀬屋は解体され駐車場になっていますが小林一茶文学碑が建立され当時を偲んでいます。

小林一茶文学碑・写真

新町宿:名所・旧跡
明治天皇行在所
明治天皇行在所<
明治天皇行在所
諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社
於菊稲荷神社
於菊稲荷神社
於菊稲荷神社
浄泉寺
浄泉寺
浄泉寺
専福寺
専福寺
専福寺
一茶文学碑
小林一茶文学碑
小林一茶文学碑
諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。