諏訪神社1(高崎市新町)

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)中山道新町宿(高崎市)>諏訪神社

概要・歴史・観光・見所
諏訪神社(高崎市・新町宿)概要: 創建は天正年間(1573〜1593年)に諏訪大明神の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。当初は笛木村の鎮守として本屋敷(現在の新町駅周辺)に鎮座していましたが宝永5年(1708)に火災にあった祭、御神木から光が発し一点を示したので霊地と悟り現在地に遷座しています。享保4年(1747)と明治39年(1906)に火災により社殿が焼失しその都度再建されています。境内には文化財も多く元禄15年(1702)建立の石鳥居(新町最古の鳥居)や享和元年(1801)制作の神輿、例祭で奉納される獅子舞、小林譲洲先生壽蔵之碑が高崎市指定重要文化財に指定されています。御祭神は建御名方命。拝殿は入母屋、桟瓦葺、平入、桁行2.5間、正面1間向拝付。本殿は一間社流造、銅板葺。

諏訪神社の文化財
・ 鳥居(2基)-元禄15年・享保16年-明神鳥居-高崎市指定重要文化財
・ 獅子舞-安政3年-高崎市指定重要無形民俗文化財
・ 小林譲洲先生壽蔵之碑-高崎市指定重要文化財
・ 神輿-享和元年-3尺5寸、破風、総漆、金箔押し-市指定重要有形民俗文化財

諏訪神社・写真

[ 付近地図: 群馬県高崎市 ]・[ 高崎市:歴史・観光・見所 ]
諏訪神社 諏訪神社 諏訪神社 諏訪神社
諏訪神社 諏訪神社 諏訪神社 諏訪神社
新町宿:名所・旧跡
明治天皇行在所
明治天皇行在所<
明治天皇行在所
諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社
於菊稲荷神社
於菊稲荷神社
於菊稲荷神社
浄泉寺
浄泉寺
浄泉寺
専福寺
専福寺
専福寺
一茶文学碑
小林一茶文学碑
小林一茶文学碑
諏訪神社
諏訪神社
諏訪神社
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。