桐生市: 群馬大学(旧官立桐生高等染織学校)

  群馬県:歴史・観光・見所桐生市:歴史・観光・見所>群馬大学(旧官立桐生高等染織学校)

概要・歴史・観光・見所
群馬大学(旧官立桐生高等染織学校)概要: 旧官立桐生高等染織学校本館・講堂は大正4年(1915)に建てられた木造2階建て瓦葺き、建築面積592uの洋風建築で当初は学校の敷地中央付近にありましたが昭和47年(1972)、新校舎建設の際現在地に移築されました。外壁は下見板張り、縦長の上げ下げ窓、外壁面からハンマービームで張り出した妻面、棟飾りなど当事の洋風建築の要素を取り入れ、正面玄関扉は上部が瓜実状の特異な意匠で印象深く正面性も強調しています。内部も教会建築で見られる回廊風の空間が左右に見られこれもハンマービームを利用しています。旧門衛所も本館と同様に大正4年(1915)に建てられたもので木造平屋建て、切妻、瓦葺き、建築面積18u、外壁の下見板張りや色彩などは同じ様な仕様になっています。正門は煉瓦造で高さ3.7m、幅16.8m、門柱上部はゴシック風の柱頭飾りが施されています。旧官立桐生高等染織学校本館・講堂、同門衛所、同正門は「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から平成10年(1998)に国登録有形文化財に指定されています。設計は文部省建築課の新山平四郎など。

旧官立桐生高等染織学校:写真

群馬大学
[ 付近地図: 群馬県桐生市 ]・[ 桐生市:歴史・観光・見所 ]
群馬大学 群馬大学 群馬大学 群馬大学


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。