桐生市: 金善ビル

  群馬県:歴史・観光・見所桐生市:歴史・観光・見所>金善ビル

概要・歴史・観光・見所
金善ビル(桐生市)概要: 金善ビル(かなぜんびる)は大正10年(1921)に金善ビル(桐生市)2代目金居常八郎によって建てられた鉄筋コンクリート造4階(当初は5階建として建てられましたが老朽化により危険視され最上階部分が撤去、現在のような4階建に改修されました。)、地下1階、搭屋付、桁行8.2m、梁間9.1m、建築面積94uの建物です。1階部分は白色の石張り風(コンクリート打ち放し、意匠横目地、白ペンキ仕上げ)、金善ビル(桐生市)2階以上はタイル張りで柱型と縦長の開口部周りと張り分けている事で垂直性を強調しています。又、正面入口上部のレリーフや、さらにパラペットの意匠、外壁も僅かながら凹凸を付け正面性を演出しています。戦前までは金善織物の事務所でしたが、戦後に廃業になった為、事務所や店舗、飲食店などが利用されています。金善ビルは現在では数少ない昭和初期に建てられた事務所建築の遺構で、鉄筋コンクリート造の建物としても群馬県内最古級、さらに「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事などから平成18年(2006)に国登録有形文化財に登録されています。

金善ビル:写真

金善ビル
[ 付近地図: 群馬県桐生市 ]・[ 桐生市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。