桐生市: 桐生織物会館旧館

  群馬県:歴史・観光・見所桐生市:歴史・観光・見所>桐生織物会館旧館

概要・歴史・観光・見所
桐生織物会館旧館概要: 桐生市は織物の盛んな地域で昭和初期に最盛期を向かえ、その拠点になる施設が求められました。現在の建物は昭和9年(1934)に建てられたもので木造2階建、寄棟、緑色瓦葺、平入、建築面積833u、外壁はスクラッチタイル貼、基礎は石積、開口部は縦長、2階開口部上部にはステンドグラスが嵌め込まれ当時の洋風建築の要素と取り入れています。又開口部を1、2階共に位置を合わせ、外壁を開口部の幅に合わせて他の外壁の仕上げを変える事で垂直を意識した意匠にし、平坦になりがちな外壁に変化を与え印象的な外観を演出しています。内部は1階が主に織物関係の組合の事務所として利用し、2階には天井の高い大会議場(室)が設けられました。

桐生織物会館旧館は昭和初期に建てられた事務所建築の遺構で桐生の産業拠点だった歴史的背景からも貴重で「造形の規範となっているもの」との文化財登録制度の基準を満たしている事から平成9年(1997)に国登録有形文化財に登録されています。その後は2階の「大会議場」で講演会や各種催し物会場、1階の「織匠の間」では織機の展示や桐生織製品の販売を行うなど一般開放され平成13年(2001)には「桐生織物記念館」と名称を改称、平成19年(2007)に日本の経済産業省による近代化産業遺産に認定されています。設計は群馬県土木課営繕係。

桐生織物会館旧館:写真

桐生織物会館
[ 付近地図: 群馬県 ]・[ 桐生市:歴史・観光・見所 ]
桐生織物会館 桐生織物会館 桐生織物会館 桐生織物会館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。