桐生市: 旧斎憲テキスタイル工場

  群馬県:歴史・観光・見所桐生市:歴史・観光・見所>旧斎憲テキスタイル工場

概要・歴史・観光・見所
旧斎憲テキスタイル工場(桐生市)概要: 旧斎憲テキスタイル工場は群馬県桐生市東久方町に位置しています。旧斎憲テキスタイル工場は昭和2年(1927)に建てられた大谷石造りの建物で、織物工場特有のノコギリ屋根を持っています(大谷石は栃木県宇都宮市大谷町周辺で採掘される石材で、軽量、柔らかい、耐火性能が高いなどの特徴があります)。当初は3連だったそうですが増築されて5連と規模を拡大し、中央線が出来た為、西側が削られ現在のような姿になりました。敷地内側から見ると当時の大谷石が積まれたままの姿が見られます。「桐生市桐生新町重要伝統的建造物群保存地区」の範囲外と思われますが、織物業が盛んだった頃の桐生の歴史を伝える貴重な建物と言えます。(織物には北側からの均一な採光が必要だった為、工場が大型化すると屋根を鋸状にして北側に天窓を設ける形式が流行した。大型建築の工法が確立し照明も安定供給されるようになると次第に鋸屋根建築も姿を消していきました。)

旧斎憲テキスタイル工場:写真

旧斎憲テキスタイル工場
[ 付近地図: 群馬県桐生市 ]・[ 桐生市:歴史・観光・見所 ]
旧斎憲テキスタイル工場 旧斎憲テキスタイル工場 旧斎憲テキスタイル工場 旧斎憲テキスタイル工場


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。