唐梅院と隆崇院

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>唐梅院と隆崇院:菩提寺(大泉寺)
【 菩提者 】 東梅院は松平康親(松井松平家の祖)と正室である江原丹波守政秀の女のとの間に生まれた女児で腹違いの兄妹として松平康次(徳川家康の落胤とされ家康の「康」の字を代々世襲している。後に篠山藩5万石)、忠喬がいました。名前は「花」で天正10年(1582)に徳川家康の養女となり天正12年(1584)に井伊直政(徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑)の正室として嫁いでいます。直政との間には直勝をもうけ、慶長7年(1602)に直政が死去すると東梅院は出家して唐梅院に改称、直勝が彦根藩(滋賀県彦根市)井伊家18万石を継ぎましたが、病弱だった事から廃嫡され腹違いの弟である直孝が藩主になると、直勝が藩主だった事も記録上から抹消されています。元和元年(1615)、直勝は安中藩(群馬県安中市)3万石が与えられ唐梅院も直勝に従い安中城に入り、寛永16年(1639)に安中城内で死去、遺骸は大泉寺(安中市)に葬られました。戒名は唐梅院殿台誉崇玉大姉。隆崇院は通称「お岩の方」と呼ばれ直勝の側室となり元和4年(1618)に群馬郡室田村の代官新佐衛門宅で直好(安中藩2代藩主)を産んでいます。隆崇院は正保元年(1644)に安中城で死去し遺骸は大泉寺に葬られました。戒名は隆崇院殿念誉寿専大姉。大泉寺の境内には井伊直政正室(唐梅院)の墓・直好生母(隆崇院)の墓が残され安中市指定史跡に指定されています。

【 寺  号 】 大泉寺
【 所在地 】 群馬県安中市安中
【 創建年 】 文安年間(1444〜1449年)
【 開  山 】 圓茂大和尚
【 開  基 】
【 山  号 】 無邊山
【 宗  派 】 浄土宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来
【 備  考 】 井伊直政正室(唐梅院)の墓・直好生母(隆崇院)の墓−安中市指定史跡−指定日:昭和46年
群馬県大名菩提寺
酒井家牧野康成秋元景朝秋元家榊原家小松姫真田信吉真田信守土岐家真田信利徳川忠長菅沼定利島家奥平家金井秀景織田家小幡家唐梅院・隆崇院大道寺政繁佐々木盛綱七日市藩前田家稲垣家藤原秀郷横瀬家・由良家新田義重世良田家・得川家脇屋義助本多家白井長尾家富岡家桐生家由良成繁
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。