群馬県:歴史・人物

  群馬県:歴史・観光・見所>歴史・人物

由良成繁(金山城)
戦国時代に主家である岩松守純を下克上により排斥し金山城の城主となった。
金井秀景
主家である倉賀野氏が没落すると名跡を継ぎ倉賀野城の城主となった。
牧野康成
徳川家康の家臣で、家康の関東移封に従い大胡城の城主となった。
世良田家
新田義重の4男義季が領地の地名に因み世良田姓を名乗った。徳川家の祖とも。
七日市前田家
前田利家の5男前田利孝が大坂の陣で功を挙げ七日市藩を立藩した。
土岐家
江戸時代中期に土岐頼稔が沼田藩に入封し12代に渡り藩主を歴任しました。
稲垣家
稲垣長茂は天正18年以降に徳川家の直参となり伊勢崎藩主となっています。
真田信政
真田信之と小松姫の次男で江戸時代初期に沼田領3万石の領主に就任しています。
酒井忠世
酒井重忠と山田重辰の娘との子供で川越藩、伊勢崎藩を経て前橋藩に入封しています。
酒井忠挙
前橋藩5代藩主に就任すると様々な藩政改革を行っています。
酒井忠清
下馬将軍とも呼ばれた実力者で、幕政では大老などの要職を歴任しています。
富岡家
結城久朝の子である直光が祖とされ長く上野国甘楽郡富岡郷を支配しました。
大胡高繁
北条高広の近親者と目され大胡姓の名跡を継ぎ大胡城の城主となっています。
織田信良
織田信雄と木造具政の娘との子供として生まれ小幡藩の初代藩主となっています。
織田信久
宇陀松山藩主織田高長の4男だったものの末期養子により小幡藩3代藩主に就任。
真田信利
血筋的には松代藩主に相応しかったものの排斥され沼田藩を立藩した。
佐々木盛綱
佐々木秀義の3男で、源頼朝から重用され鎌倉幕府の有力御家人となっています。
松平乗寿
大坂の陣の功により岩村藩から浜松藩、館林藩と加増され、老中などの要職を歴任。
松平信友
吉井藩2代藩主で藩庁を矢田陣屋から吉井陣屋に遷しています。
牧野忠成
牧野康成の跡を継ぎ大胡藩2代藩主に就任し領内整備に尽力しています。
白井長尾家
長尾景忠の孫、清景が祖とされ上野守護代や武蔵守護代などを歴任しています。
島家
江戸時代中期以降に吉井藩の代官を3代に渡り歴任しています。
藤原秀郷
平将門の乱を平定した武将で、関東の多くの武将が秀郷を祖としています。
北条高広
安田広春の養子で上杉謙信に重用され前橋城主に抜擢されています。
本多正永
社寺奉行や老中などの要職を歴任し、沼田藩に加増移封されています。
大道寺政繁
小田原北条家の氏康・氏政・氏直の3代に仕えた重臣で松井田城の城主。
菅沼定利
徳川家康に仕え南信濃の郡代に就任、家康の関東移封に伴い吉井城主となっています。
本多家
松平家時代から従い、徳川家康の関東移封に伴い白井城2万石の領主となっています。
秋元景朝
深谷上杉家の有力武将(深谷上杉氏四天王)で深谷城の城代。
徳川忠長
3代将軍徳川家光の実弟で家督争いに敗れ自刃に追い込まれています。
唐梅院と隆崇院
唐梅院(東梅院)は井伊直政の正室。隆崇院は安中藩井伊直勝の側室。
安藤重信
関ヶ原の戦いでは徳川秀忠軍に従軍し第二次上田合戦に参陣。高崎藩主に就任。
安藤重長
安藤重信の養子となり高崎藩主に就任、徳川忠長を預けられ高崎城内に軟禁しています。
安藤重博
安藤重之と藤堂高次の娘との子供で、高崎城の整備に尽力しています。


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。